LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

「複数の内定」を持って活動する学生の評価が、プラスにもマイナスにもなるという話。

新卒採用の面接で、必ずと言ってもいいほど聞かれる、他社状況。他社の選考の状況がどうなのか、内定の有無はどうなのかと、かなり具体的に突っこんで聞かれるということは、よくあることです。
今回は、この内定状況の回答により、評価がプラスにもマイナスにもなるという話です。


優秀な人は誰が見ても優秀であり、そういう学生に内定が集中する可能性が高いというのは一般的な解釈であり、いくつも内定を持っている人は他社からも高く評価されがちです。
では、1つでも内定があれば選考が優位に進むのかといえば、そういう企業ばかりではありません。
複数の内定を持っている学生に対して「できる採用担当者」は、他社評価に引きずられることなく、ブレることなく自社基準でフラットに評価します。公平公正性の高い企業です。
そうでない場合、他社で、それもいくつも内定を持っていることは、そのまま「イコール優秀な学生である!」という先入観が強く働き、「だったら当社も内定!」とすることもあります。(中には、他社で内定している人を採用ターゲットにする、という採用戦略や、採用基準の企業もありますし…)

後者のケースというのは、決して珍しいわけでなく、1人に内定が重複するひとつの要因でもあります。
いずれにしても複数内定がプラスの評価に働くパターンです。

これとは逆に、2社以上の内定を持って就職活動をしていることがマイナスに評価されることもあります。

1社の内定を持って就職活動を続けることは、就職ができないというリスクを回避する観点ら見ても、まず問題になることはありませんが、2社以上の複数内定となると少し見方が変わってきます。簡単に言えば、なぜ1社に絞れないのか。
特に、内定後の保持期間が長ければ長いほど見方が厳しくなります。
選考をうまく突破する能力はあるかもしれないが、「状況を判断する能力」と「決断する能力」に問題があるのではないか?と、態度能力に疑いを持たれます。
これは「御社も含めてすべての企業が第1志望群ですので、すべての結果が出てから決めたいと思います」という、よくある回答についても同じように評価されやすいです。
ちなみにこの「第1志望群」、学生にとっては正直さを伝えるのに都合の良い表現ですが、採用担当者には志望度が高くないとも伝わりますので、注意が必要です。

仕事は、判断と決断の繰り返しです。
それも、適切な時期にスピード感をもって行っていかなくては、機会を逸してしまいます。
これはもちろん仕事経験の中で高めることもある程度はできるのですが、センスの有無にも左右される、とても大事な能力です。(面接での重要なポイントでもあります。)

もうひとつは「自己中心的な人」という印象。もちろん、評価はマイナスに働きます。
2社の内定があれば1社は辞退、3社あれば2社は辞退と、内定が多ければもちろん辞退社数も増え、それが企業の採用活動に影響を与えるということ。
また、辞退した企業への就職を希望していた学生にも影響を及ぼすということ。
辞退の仕方に問題があると、在学する学校の評価を下げ、さらには後輩の就職活動にも影響を及ぼす可能性があるということも。(採用担当者も人間です。感情があります。もう、あそこの学校からは採用しない!ということは、ありえます。)
そうした、自分のとった行動が周囲にどのような影響を与えるのかを想像できない、常識的な理解がない、人に対する配慮ができない、要は「自分さえ良ければよいという人」と評価されることもあります。

これは、どこの企業も重視している「人間力」に関連することですので、そもそも人としてどうなの?と、疑われてしまいます。

評価の基準は、それぞれです。人の見方も、それぞれです。
自分の「良かれ」は、誰にとっても「良かれ」ではないということと、主観でなく、常に客観的に、俯瞰して見て考えて判断するということが就職活動では重要です。

 

f:id:lifeworks-lab:20170627141302j:image