LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

「働きがい」の前に。

こんにちは!LifeWorks.LABです。

今回は「働きがい」の前段階についてのお話です。

働きがい」のベースにあるのは、労働コンプライアンス(労働法令の遵守)であることは言うまでもありませんね。

そして、その基本中の基本となるのが「労働基準法」。

聞いたこと、ありますよね?

この労働基準法、名前は知っていてもその中身を知らないまま働いている人は、意外とたくさんいらっしゃいます。

また、管理職など部下の労務管理を行う立場で、よく知らないままマネジメントを行っている、という方も珍しくありません。

しかし、残念なことですが、労働時間や休日・賃金・解雇など、働く側が法律に無知がゆえに起きてしまうトラブルが多数生じています。

労働基準法の第1条(労働条件の原則)では、『労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。』と規定しています。

労働基準法は、最低限守らないといけないルールなんです。

これが雇用契約の元にもなります。

本来の契約は、お互い対等な立場で行うものですが、こと雇用契約に関しては、知識や経験などから、圧倒的に雇う側の立場が優位となってしまいます。

特に新卒採用の場合、詳しく説明のないまま契約書にハンコを押す。 酷いところは契約書すらないし、自分の労働条件や就業規則も見たことない。 でも、それが法令に違反しているということも知らない…。

これも現実です。

いま働いている人も、これから働く人も、労働基準法の概要だけでも知っておくことは、長く職業生活を過ごす上で、実はとても大事なことなのです。

これから社会に出る学生の皆さんにとっては、少しでも労働基準法を、その概要だけでも知っておくことが、ブラック企業(ブラックバイト)対策のひとつの有効手段になります。

エントリーシートや履歴書の書き方、面接の受け応えなどの就活スキルを身につけることも大事だと思いますが、労働法令の基本など、働く上で揺るぎない知識を習得することも大事なことだと思います。

学校が、キャリア教育の一環としてそうした学びの機会を設けることも必要な時代だとも思いますが。

そこで、当サイト(LifeWork.LAB)において、労働基準法など労働法令の基本や、就業条件を見る時のポイントなどを解説していきたいと思います。

学生の皆さんにも分かるように。

では、本日はここまで。