LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

採用ルールの変更がもたらすこと

採用のルールが変わります。

主な変更点は、以下の通りです。

会社説明会など広報活動の開始時期 現在) 大学3年生の12月 変更) 大学3年生の3月

○選考開始の時期 現在) 大学4年生の4月 変更) 大学4年生の8月

○採用ルール 現行) 倫理憲章 変更) 指針

この新しい採用ルールは、現在の大学3年生から適用されます。

新ルールの特徴をひとことで言うと「短期集中化」

学生の立場で考えると、選考開始時期までに、どれだけしっかり準備ができるか。

そして、就活に集中し、準備を行動に、行動を結果に、確実に結びつけられるか。

同時に複数の企業にアプローチすることになります。

当然に選考や内定が重複します。

そこでは、選択と集中が必要です。

正しく分析し、判断し、決断していく。

「じっくり」という余裕はなく、「スピード」が求められます。

これは、ビジネスと一緒です。

そして、その核になる、きちんとした知識を持つことと、本質を見抜く目を養うこと。 (ブラック企業を選択しないためにも大切なことです。)

エントリーシート対策、面接対策といった戦術だけでなく、目標を達成するために計画し備えて効率良く確実に といった戦略的な就活が、これまで以上に必要になります。

これには、学校が行うキャリア支援のレベルアップが必要になることは言うまでもありません。

学生の本分である学業に専念できる期間をしっかり確保することが目的である、今回のこの採用ルール変更。

単に知識量を増やすだけでなく、グローバルに社会で活躍できる人材育成と輩出。

学校に与えらた命題はとても大きく、また、この成果が学校生き残りのための差別化に繋がっていくと思われます。

もちろん、企業の採用活動にも変革が求められます。

戦略的な採用活動が必要になります。

このルール変更には、賛否両論があります。

まだまだ新卒未就職者が生じている中で「短縮は逆でしょう!」という意見も多数あります。

しかし、長らく若者の雇用状況が改善されていない状況を考えると、何らかの打開策を講じることは必要です。

また、今の慣習が最適なのかは、変えてみないと分かりません。

変えることによって次の策が見えてきます。

変化を恐れず、挑戦する。

失敗から学ぶ姿勢で、挑戦し続ける。

学生の就職活動も、企業の採用活動も、学校の人材育成も、すべて同じ。

挑戦の一歩が踏み出せるかどうかで、この先の未来が大きく変わる分岐点に立たされていると思います。