LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

日本国憲法 第二十七条に定める「勤労の権利と義務」の履行が、日本のディーセント・ワークの基本。

ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現には、コンプライアンス経営(法令やルールの遵守)が、まずもって必要であり、その根本は、日本国憲法の第二十七条に規定されています。

日本国憲法 第二十七条)

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。

賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

児童は、これを酷使してはならない。

 

意外や意外? 憲法には「賃金、就業時間、休息…」と、かなり具体的な文言で規定しているのです。

ただ、実際には「法律で」とありますように、具体的なルールについては労働基準法を参照しているのですが、児童の酷使だけは憲法で禁止しているというところから、児童の保護に関することの厳格さがしっかりうかがえます。(もちろん法律制定時までの時代背景もあったと思いますが)

すべての国民には勤労の権利と義務があるわけですが、重要なことは権利と義務をはき違えないこと。

義務としてやらないといけないことは何か、その上で、認められた権利をしっかり主張していく。

そのためにも、まず最低限の守るべきルールをしっかり理解しておくことは大事なことです。

これは、キャリア教育においても、とても重要なポイントであると思います。

以上、今回は、働くことについての最も基本的なことについて、簡単にではありますが確認しておきました。

{E79FCD61-3135-4CA6-BC90-24B4E9EC0684}