LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

iPad Pro が働き方改革を実現するベストツール。私の場合ではありますが :)

近ごろ、パソコンを立ち上げることが激減しました。

MS(マイクロソフト)好きが、もっぱらiPhoneiPad Pro を使っています。

とくに、iPad Proは「超」がつくほどの必需品に。

キーボード・カバーをセットすれば、私の用途であれば、ほぼパソコン。

キーボード・カバーの分、少し重たくはなりますが、ネットOK、エクセル・ワード・パワーポイントとオフィス系アプリもバッチリで、モバイル・ワークに最適です。 パソコン以上に使い勝手を良くしてくれるのが、iPad Proのための「アップル・ペンシル」。

コレが格段に作業効率を上げてくれます。

アップル・ペンシルに対応したアプリを使えば、PDFファイルにメモやコメントを書いてメール送信も簡単ですし、手書きメモを瞬時にテキストに変換したり、手描きの図をキチンとした図形に変換したり。

打ち合わせの記録は手書きでスラスラ、PDFに変換し、その場でメンバーにメール。

iPad Pro をプロジェクターにつなげ、ホワイトボードのように使い、皆で情報を共有しながら、メンバーにメールや共有クラウドに保管。

もちろん紙もスキャンし、クラウドで管理。

仕事で使う「紙」も、コレでかなり減りました。

ペーパーレスにはもってこいです。

もちろん使い勝手にまだまだ課題もありますが、トータルで見て、iPad Pro のようなITツールの活用が、働き方改革、生産性の向上に役立つことを、大いに実感しています。