LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

なぜ、ワンデイ・インターンシップ??

本日もご覧いただきありがとうございます。 LifeWorks.LABです。

前回の「名ばかりインターンシップ」の続きです。

今回は、ワンデイ・インターンシップを行わなくてはならない会社側の理由について考察します。

他の会社より、少しでも早く自社を発見してもらい、興味を持ってもらい、その中からいかに優秀な人材をスムーズに採用できるか。

この厳しい採用ミッションに、危機感を上乗せしたのが、今回の就活スケジュールの変更です。

どうしたら、早く、いい学生に出会うことができるか…。

その解決手段のひとつが、インターンシップの活用です。

では、なぜ、インターンシップ? だったのでしょうか。

就職情報サイトのオープンは3年生の3月。

それより前に、例えば、単独で、業界研究セミナーを行おう、仕事研究セミナーを行おうとしても、学生に告知する手段がありません。

せいぜい、自社のホームページでしょうが、よほどの大手か有名な会社でないと、ホームページ経由では、まず学生は集まらないです。

しかし、インターンシップであれば、就職情報サイトに募集情報を掲載することができます。

それも、夏、秋、冬などのインターンシップの時期に、幅広く。

まず、これで一気に発見率が高まります。

しかし、就業体験を伴う本来のインターンシップを実施するには、労力も手間もかかります。

そこで出てきたのが、ワンデイ・インターンシップです。

就職情報サイトへの掲載を目的に、手軽に、簡単に、それっぽく、それなりに運営できるので。

実際に就職情報サイトのインターンシップ募集をご覧ください。

実施期間が1日、というインターンシップがいっぱいです。

そして、その内容も、1日で○○を体感とか、体感ワークとか、ランチしながら社員と懇親など、インターンシップかなんだが、よくわからない事になっています。

中には、プログラムにハッキリ「会社説明会」と明記してあるところも。

間違いなく、採用活動ですよね。

「名ばかりインターンシップ」のオンパレードです。

こうした採用環境の変化と、ネットをベースとした特殊な採用システムの中で、インターンシップが変異してしまったのです。

今は、採用を成功させるためには、とりあえずワンデイ・インターンシップでもやらなくては… が、当たり前とされているのです。

インターンシップをやらないと、採用敗者になってしまうとも。

また、就活生にしてみると、とりあえず行っておかなきゃ、と。

こうした状況というのは、政府や、経団連、大学が望む姿なのでしょうか?

就職スケジュールを変更した目的は、何だったのでしょうか?

普通に考えると、すごく「違和感」が、ありますよね。