LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

名ばかりインターンシップ??

本日もご覧いただきありがとうございます。 LifeWorks.LABです。

今回のテーマは「名ばかりインターンシップ」についてです。

近頃、コレって本来のインターンシップとは違うんじゃない? というものが公然と増えていることについて、私の思うところをお話します。

名ばかり!というと、労働基準法で問題になった「名ばかり管理職」のようで、なんか物騒ですが、「名ばかりインターンシップ」は、何かの法律に違反している、というわけではありません。

そもそも、日本で言うインターンシップとは、学生が1週間から数週間、在学中に企業などで就業体験をすることができる制度のことを指してきましたが、ちょっと様子が変わってきています。

その典型が、1日限定の「ワンデイ・インターンシップ」と言われるものの出現。

1日のみ、ということで、学生にも会社にも負担が少なく、勝手が良いみたいですが、問題はその中身です。

業界や職種の説明、提示されたテーマについてのグループ討議やグループワーク、先輩社員との座談会、職場見学など、就業体験がほとんど無い! というものが…。

そうです、採用活動時に行われるものと、さほど変わらないものが、3月の会社説明会開始以前に、「ワンデイ・インターンシップ」という名で行われているのです。

「ワンデイ・インターンシップに応募し、参加してみたら、ほぼその会社の説明で終わりました。」というものあるそうですし、ワンデイ・インターンシップのグループワークは、問題提示・討議・まとめ・発表と、どこも似たり寄ったりでイマイチだったとかも。 (グループワークは、あくまでも仮想体験であり、就業体験ほどの納得感も充実感もないですからね。)

このように、会社側にとって都合の良い定義でインターンシップが行われると、学生や大学にしてみると、どれが本来のインターンシップなのか、混乱してしまいます。

確かに、本来のインターンシップとは言えども、就業体験がどう、ということより、とにかくこの会社に就職したいからインターンシップに参加する、という動機の学生は以前からもいますし、逆に会社も、インターンシップに参加した学生の中から優秀な学生を採用に繋げたいという思惑も少なからずありますが、インターンシップの内容自体は、きちんとした就業体験に基づくものです。

むしろ、就業体験を通して、この仕事をやってみたい!という学生の志望動機と、この仕事で成長できる能力と可能性がありそうだから採用したい!という会社の評価は、すごく健全にさえ思えます。

とは言うものの、会社説明会の開始以前に、1日学生を集めて、業界の説明をすることや、社会人とリアルな会話ができる機会を作ること自体は、まったく問題ないと思います。

むしろ、ネット上での、なんとな〜く、やった気になるような企業研究よりは、有意義な場になると思います。

問題なのは、それを「インターンシップ」という名で学生を募ること。

軽い気持ちの「なんちゃってインターンシップ」が、インターンシップと騙して学生を集めちゃえ!と、悪意があれば、それは立派な偽装です。

偽装インターンシップ」です。

きちんと、正々堂々と、「ワンデイ・業界研究セミナー」とか、「ワンデイ・職種理解セミナー」などと題して、実施してはいかがでしょうか?

大半の大学では、一部の企業に依頼して、事前に業界研究セミナーを行っていますし、3月以前に就職情報会社主催で、多数の企業が参加しての合同業界研究セミナーなども行われているわけですから。

それでも、ワンデイ・インターンシップを行わなくてはならない会社側の事情?

それは次回!