LifeWorks.LAB

人事の視点@人事コンサルタント

誰のための就活スケジュール変更?

本日もご覧いただきありがとうございます。 LifeWorks.LABです。

就活スケジュールが2年連続で変更になりそうですね。

企業にとっては毎年の採用活動ですが、学生にとっては一生に何度もない、また場合によっては人生をも左右する就職活動が、こうも簡単にコロコロ変わることに正直ビックリしました。 (最低でも3年は今年のルールでいくと思っていましたので…)

問題に対して即座に対応する柔軟な姿勢と行動力は評価できます。

しかし!その問題に対する対策の成果がどうであったのか?が見えていません。

そもそも、就活の早期化・長期化が学業に及ぼす影響を問題視していた大学と、大学生は学業を優先するべきだとした政府の要請により、経団連が就活時期を繰り下げたわけですが、その効果はどうだったのでしょうか?

学業に十分な時間がとれるようになったのでしょうか?

もちろん学業の時間だけでなく、その成果がどうであったのかも大事です。

そして、面接解禁日を2か月前倒し(今年の8月から来年は6月に)する根拠は何なのでしょうか?

なぜ6月なのでしょうか?

まさか、大手企業の株主総会が終わってからにしよう!が理由ではないと思いますが。

いずれにせよ、少なくなったとは言え、まだ、就活中の学生がいるこの時期に、どこまでしっかり検討されたのかは疑問です。

最近の政治同様、誰のために、何のために、が置き去りになっているようで心配です。